ノーサイド・ゲーム、リアルタイムでも観ていましたが、再放送でも楽しく視聴できました。

本作品は、池井戸潤さんの同名小説を大泉洋さん主演でTBSテレビがドラマ化。

ラグビーと企業戦略、陰謀、地域性、そして人間ドラマを絡めた作品で、ラグビーをよく知らない人でも最後まで楽しむことができます(私もそうでした)。
リアルタイムの時は、ちょうど日本でラグビーワールドカップ2019が開催される時期に合わせた放送で、このドラマでテンションを上げつつワールドカップも日本の快進撃…良い思い出ができました。

このドラマの主題歌である米津玄師さんの「馬と鹿」は、ラグビーワールドカップの公式テーマソングではないのに、当時のテレビ番組でラグビーに関する話題になれば流されていたことも、ノーサイド・ゲームの影響力の大きさを表していますね。

米津玄師「STRAY SHEEP」(「馬と鹿」収録アルバム)

ちなみに、「ノーサイド」とは、試合が終われば敵味方の区別はなくなり、お互いの健闘を称えることを意味し、ラグビーの精神を表しているとされています。

さて、では簡単に作品情報を。
すばらしい出演者たちがストーリーを演出し、作中の選手たちが現役のラグビー選手や経験者で構成されていたことから試合の迫力がリアルで、まさに「ストーリー展開」と「試合の迫力」の「W主演」といった感じ。そんなドラマは今までに観たことがなく新鮮でした。

ノーサイド・ゲームは動画配信サービスParaviの無料体験で視聴できます。
Paraviはこちら

ノーサイド・ゲーム(DVD)

なお、商品購入や動画配信サービスの支払い等、ネット決済の必需品であるクレジットカードをまだお持ちでない方におすすめなのは「楽天カード」。また2枚目以降のクレカにもおすすめです。
理由は①審査に通りやすい(カードを発行してもらいやすい)、②選べるデザインが豊富、③ポイントが貯まりやすい、④新規申込みで大量の楽天ポイントがもらえる、⑤海外旅行傷害保険付、そして⑥年会費永年無料です。
審査に通りやすく年会費無料のため最初の1枚に最適で、大量の楽天ポイントと海外旅行傷害保険もついているので、2枚目以降にも便利な楽天カードのお申込みは下記バナーからできます。

スポンサーリンク