評論家の先生の見解とお笑いが融合するホンマでっか!?TV。

フジテレビにて2020年8月5日に放送されたホンマでっか!?情報は、男女問わず日焼けをしたくない時代に送る「日焼けのウソホント解決SP」でした。

そこで、日焼けに関する役立つ情報をまとめてみました。

・塗る日焼け止めと飲む日焼け止めの効果の違い(兵藤秀忠先生からの情報)
飲む日焼け止めは塗る日焼け止めに対して効果が薄いが(紫外線に対する防止効果を表すSPFが、塗る日焼け止めが10~20なのに対し、飲む日焼け止めは1桁とのこと)、飲む日焼け止めには日焼け後の炎症を抑える効果があるとのことでした。
よって、塗る日焼け止め+飲む日焼け止めが一番効果的とのことです。
そして、塗る日焼け止めは肌が弱くて塗れない人は、吸収剤フリーやノンケミカルのものを使うとよいとのことでした。

・毛髪と紫外線(兵藤秀忠先生+牛窪恵先生からの情報)
頭皮が日焼けでダメージを受けると薄毛や白髪の原因となるそうです(兵藤秀忠先生)。
そのことから、 UVカットのヘアスプレーが有効と紹介されていました(牛窪恵先生)。

そこで、私がおすすめするのが「DHCサンカットQ10 50プラス スプレー」
この日焼け止めはスプレータイプで、髪も含めた全身に使えるのでおすすめです(顔に使用するときは手にとって塗る)。紫外線防御力は国内基準最高値で、ウォータープルーフ処方なので汗で落ちにくく、美容成分まで配合されています。

シュー☆と簡単・便利な日やけ止めスプレー! 紫外線防御力は最高値!

飲む日焼け止めは、DHCの「スーパーエイチツーサンシトラス」
紫外線対策によいとされる水素と、強い日射しに対し紫外線によるリスク発生率が低いとされる地中海諸国の要因として、注目を集めているレッドオレンジエキスを配合。1日1粒なので、紫外線を浴び終わった帰宅後に飲みましょう。

気になる紫外線に、水素+シトラスパワー! 輝く白さへ“飲む”アプローチ

・オレンジジュースについてのウワサの真偽(兵藤秀忠先生からの情報)
オレンジジュースを飲むと日焼けしやすくなるというウワサは本当で、オレンジに含まれるソラレンが摂取後2時間をピークに7時間ほど紫外線の感受性を高めるという効果があるとのことです。
しかし、ソラレンを含むオレンジやグレープフルーツジュース等の柑橘系の果物は肌の修復に必要なビタミンCが豊富なので摂取したほうがよく、日焼けしたくない人は夜に果物を食べるといいとのことです。

・焼けた肌を白くすることについて(兵藤秀忠先生からの情報)
ビタミンCや抗酸化作用のあるものを日々摂り続ければ、焼きすぎた肌であってもある程度は白く戻すことができるようです。
ゲスト出演していたみちょぱさんも、「ビタミン剤飲んでるとめっちゃ白くなる」とコメントしていました(焼いても白くなるのが早いということですね)。

そこで、肌の修復や美白のために必要なビタミンC等を総合的に摂取するためにおすすめのサプリを紹介します。
「パーフェクトサプリ マルチビタミン&ミネラル」(DHC)
1日分のビタミンが100%このサプリで摂取できるほか、その他ビタミンやミネラルに加え、酵素や乳酸菌、コエンザイムQ10、必須アミノ酸ほか健康と美容を保つために必要な栄養素が総合的に凝縮されています。まさにパーフェクトサプリの名にふさわしい商品です。

健康の土台がこれひとつで完成☆ 乳酸菌・アミノ酸・CoQ10も配合!
DHC公式サイト「定期便」の説明
DHC公式サイトでは、サプリメントを「定期便」で申し込むと常に25%割引になります。ただし、定期便は3回以上継続して購入する必要があります。

・日焼け止めクリームの有効期限について(和田由貴先生からの情報)
日焼け止めクリームは1年で効果が薄れるとのことです。
一方、有効期限の切れた日焼け止めクリームの活用法として、シルバーアクセサリーの黒ずみを磨くのに使えると紹介されていました。

・UVカット素材の有効期限について(牛窪恵先生からの情報)
洋服等に使用されている「UVカット素材」は、素材自体にUVカット効果があるので5~7年ほど効果が持つが(洗濯等で効果がゆるやかに落ちていく)、「UVカット加工」は1シーズンで効果がなくなるとのことでした(加工しただけなので効果が落ちやすい)。

・目と日焼けの関係(牛窪恵先生+梶本修身先生からの情報)
サングラスは横から紫外線が入ってしまい瞳孔が開くので日焼けしやすくなってしまうそうです(牛窪恵先生)。
実際に、目に紫外線が入ると脳がメラノサイトを出して肌が黒くなるので、目だけに紫外線を当てても日焼けするとのことです(梶本修身先生)。
また、目に紫外線が入ると自律神経が興奮して疲れやすくなり、スキーや海水浴での疲労がまさにそれで、夏バテもしやすくなるとのことです(梶本修身先生)。
よって、おすすめはUVカットのコンタクトレンズだそうで、それなら紫外線が目に入るのを100%カットできるとのことでした(梶本修身先生)。
もともとコンタクトを使用している方は、試しやすいですね。

・皮膚がんの予防(梶本修身先生)
コーヒーを飲むと日焼けによる皮膚がんの予防になるそうです。これは10万人以上を対象としたハーバード大学の研究結果によるもので、1日3杯以上コーヒーを飲む女性は20%以上皮膚がんの発症が少ないとのことでした(これに対し、男性は9%と効果に違いがあります)。
その理由として、コーヒーに含まれるカフェインにはガン化しやすい細胞を殺す効果があるようです。そのことから、カフェインを塗ると肌の炎症を抑え皮膚がんのリスクが低下するので、現在、製薬会社がカフェイン入りの塗るクリームを開発中とのことです。

日焼けに関する情報は以上となります。

ほかに有益な情報として、「飲食店で服にパスタのトマトソースがついてしまった場合にやってはいけないこと」をコインランドリー専門誌LBM初代編集長の中澤孝治さんが教えてくれました。
正解は、「おしぼりで拭いてはいけない」でした。
理由は、おしぼりは塩素で消毒してあるので、おしぼりで拭いた部分だけ色が抜けてしまう危険があるとのことです。よって、乾いたティッシュやナプキンで軽く移して、なるべく早く洗濯やクリーニングに出すのがよいそうです。

なお、ネット決済の必需品であるクレジットカードをまだお持ちでない方におすすめなのは「楽天カード」。また2枚目以降のクレカにもおすすめです。
理由は①審査に通りやすい(カードを発行してもらいやすい)、②選べるデザインが豊富、③ポイントが貯まりやすい、④新規申込みで大量の楽天ポイントがもらえる、⑤海外旅行傷害保険付、そして⑥年会費永年無料です。
審査に通りやすく年会費無料のため最初の1枚に最適で、大量の楽天ポイントと海外旅行傷害保険もついているので、2枚目以降にも便利な楽天カードのお申込みは、下記バナーをクリックすると手続きに進めます。

スポンサーリンク