評論家の先生の見解とお笑いが融合するホンマでっか!?TV。

フジテレビにて2020年8月19日(水)に放送された内容は、「ティファニー全面協力!?世界的ブランドの人気の秘密とは!?」というティファニー特集でした。

ティファニーはリンカーン・ケネディ大統領夫人も愛用していたことで知られ、1837年にニューヨークで創業し、創業から180年以上も経つ一流ブランド。
そのことから、ニューヨークの人にとってティファニーは憧れと誇りである存在(ジュエリー評論家:本間恵子先生解説)。

また、映画「ティファニーで朝食を」でオードリー・ヘプバーンが映画のプロモーションで着けたことで話題に。

さんまさんもティファニーをプレゼントに愛用しており、ケンカして女の子を泣かせたときは「君の涙はもう固めたよ」、「もう泣かさない」とティアドロップペンダントをプレゼントしていたそう。
しかし、たけしさんがさんまさんはそのペンダントを20個買っているとバラしてしまったため、それを知った女の子たちを怒らせてしまったそう。
ちなみに、心理学の植木先生によると、男性は物の機能に着目するのに対し、女性は物の裏にある物語に注目し、その物に自分だけの物語を作ることで愛着を持ちたがるとのこと。
つまり、さんまさんが自分のために選んでくれた、買いに行ってくれたという物語に喜びを感じているので、他の人にも同じことをやっているとわかると「この物語は私だけのものじゃなかったんだ」と怒りが大きくなるそうです。宝石が同じことではなく、物語が被っていることに怒りを覚えるとのことでした。

そして、ティファニーは印象的な物語が多いので女性から愛されやすいようです(心理:植木先生)。

さて、番組では「ティファニーの知られざる秘密」がいくつも紹介されました。
たとえば、ティファニーブルーの秘密として、1800年代には結婚式の参列者に鳩のデザインのターコイズブローチを贈る習慣があり、そこからターコイズブルーに近いコマドリのタマゴの色を選んだということや、ティファニーは当初、ジュエリーブランドではなく中国やインド等のアジアからきた珍しい文具や雑貨を扱っていたことが解説されました。
なお、色見本帳PANTONE色番号「1837」ティファニーブルーであり、1837はティファニーの創業年が用いられているとのことです(色の調合は超極秘情報)。

ティファニーは高価な品からオープンハートティアドロップのペンダント等の手頃な品までそろっており、プレゼントに最適。
ティーンでもアルバイト代で十分購入できるので、クリスマスや誕生日プレゼントに検討してみてはどうでしょうか。きっと喜ばれることでしょう。

ところで、高価な品としては、SUITS/スーツ2で鈴木保奈美さんが身につけていたイヤリングが番組内で紹介されていました。
スーツ2の内容やおもしろさは下記の記事で紹介していますので、よろしければご覧ください。

〔フジテレビ系ドラマ〕SUITS/スーツ・スーツ2(織田裕二・中島裕翔〔Hey!Say!JUMP〕・鈴木保奈美 出演作)

スポンサーリンク