MUST BE UKTVは「70~80年代にイギリスで放送された音楽番組を中心に、一流アーティストの貴重なパフォーマンス映像をセレクト」し、NHK BSプレミアムでの放送ゆえにCMなしの「1時間ノンストップでお届けする洋楽プログラム」です(括弧内は番組公式サイトより引用)。

その2020年7月26日(日)放送回を視聴し、個人的に気になったアーティストと曲をピックアップします。

ケイト・ブッシュ(Kate Bush)「There Goes A Tenner」

ベルリン(Berin)「No More Words」

ニューシューズ(Nu Shooz)「I Can’t Wait」

オルタード・イメージ(Altered Images)「Funny Funny Me」

ダラー(Dollar)「Give Me Back My Heart」

ミッシング・パーソンズ(Missing Persons)「Destination Unknown」

デニース・ウィリアムス(Deniece Williams)「Let’s Hear It for the Boy」

最後に、洋楽から邦楽まで6,500万曲以上の曲が聴き放題の音楽配信サービス「Amazon Music Unlimited」を紹介します。同サービスは30日間無料でお試しできます(無料期間中に解約した場合、料金は発生しません)。

なお、音楽配信サービスの支払い等、ネット決済の必需品であるクレジットカードをまだお持ちでない方におすすめなのは「楽天カード」。また2枚目以降のクレカにもおすすめです。
理由は①審査に通りやすい(カードを発行してもらいやすい)、②選べるデザインが豊富、③ポイントが貯まりやすい、④新規申込みで大量の楽天ポイントがもらえる、⑤海外旅行傷害保険付、そして⑥年会費永年無料です。
審査に通りやすく年会費無料のため最初の1枚に最適で、大量の楽天ポイントと海外旅行傷害保険もついているので、2枚目以降にも便利な楽天カードのお申込みは、下記バナーをクリックすると手続きに進めます。

スポンサーリンク