TBS日曜劇場が、日曜の夜を熱くする・・・それがドラマ半沢直樹。

メガバンクという組織に所属しながら、組織内の不正や闇に迎合することなく立ち向かう銀行員(バンカー)の半沢直樹(堺雅人さん)。
「やられたらやり返す、倍返しだ!!」が決め台詞で、「前回シリーズ」で東京中央銀行取締役の大和田(香川照之さん)を役員会議内で土下座させたシーンはあまりにも有名。
けれどそれが原因で半沢は左遷され、勝ち続けた主人公は結局、組織には勝てずに終わったかのように見えた。

そして、「新シリーズ」は半沢の出向先である東京セントラル証券からスタートする。なお、新シリーズ開幕に先駆けて放送されたスピンオフ作品での登場人物も、きちんと本編で活躍する。

本作の展開はダイナミックで、前半は電脳雑技団という巨大組織が仕掛ける企業買収の裏を半沢が仲間たちと協力して暴き、その成果を認められ半沢は再び東京中央銀行に復帰する。しかし、そこで半沢が任されることになった帝国航空の再建に関し、政府も絡んだ銀行の深すぎる闇と対峙しなければならないこととなる。
次々と強力な敵が現れ、最後には大物政治家である箕部(柄本明さん)とまで戦うこととなり、半沢のバトルは限界を知らない。

そんな半沢の戦いを支える同僚の渡真利(及川光博さん)、元部下の森山(賀来賢人さん)、元ライバル国税庁の黒崎(片岡愛之助さん)、そして妻の花ちゃん(上戸彩さん)。
ほかにも素晴らしい登場人物や役者がそろっており、語り尽くせない。

中野渡頭取(北大路欣也さん)がなぜ前作で半沢を左遷したのか、すべての理由とストーリーが新シリーズで完結する。

ところで、「やられたらやり返す、倍返しだ」に掛けて、新シリーズでは大和田から「施されたら施し返す、恩返しだよ」というセリフが登場する。
日本社会では、やられても争わないほうが賢明、施されてももらいっ放し、そんな自分の立場や都合を基準に考える風習が根づいてきたように思いますが、その正反対を痛快に突いたところが半沢直樹のおもしろさのように感じます。

「半沢直樹」は、「前回シリーズ」・「新シリーズ」(スピンオフ含む)ともに動画配信サービスParavi(パラビ)で視聴できます(2週間無料期間中に解約した場合、料金はかかりません)。
パラビはこちら

半沢直樹DVDセット
「前回シリーズ」

また、半沢直樹の原作である池井戸潤さんの小説は下記のとおりとなります。

「前回シリーズ」(2013年放送)

・「オレたちバブル入行組」

・「オレたち花のバブル組」

「新シリーズ」(2020年放送)

・「ロスジェネの逆襲」

・「銀翼のイカロス」

なお、商品購入や動画配信サービスの支払い等、ネット決済の必需品であるクレジットカードをまだお持ちでない方におすすめなのは「楽天カード」。また2枚目以降のクレカにもおすすめです。
理由は①審査に通りやすい(カードを発行してもらいやすい)、②選べるデザインが豊富、③ポイントが貯まりやすい、④新規申込みで大量の楽天ポイントがもらえる、⑤海外旅行傷害保険付、そして⑥年会費永年無料です。
審査に通りやすく年会費無料のため最初の1枚に最適で、大量の楽天ポイントと海外旅行傷害保険もついているので、2枚目以降にも便利な楽天カードのお申込みは、下記バナーをクリックすると手続きに進めます。

スポンサーリンク